Skip to main content
Skip table of contents

レポートとエクスポート・モジュール

はじめに

dRofusは、印刷、保存、または電子メールによる配布のために PDF リポート または、Excel エクスポート 提供します。すべてのレポートはPDFで生成され、すべてのエクスポートのデフォルトはXLSXです。
dRofus Web では、列 (コラム)ビューを CSV ファイルとしてエクスポートできます。
dRofus web にはすべての最新レポートが含まれています。最新のレポートはJSONコードを活用し、
サードパーティのソフトウェアを必要とせずにカスタマイズが可能です。

デフォルトのExcelエクスポートは、設定メニューから設定できます。

非推奨レポート

古いレポートでは、PDFに加えて、XML、フラットXML、およびRTFがサポートされていました。

古いレポートの出力フォーマット

XMLは、カスタム・レポートをレンダリングするために、XSLテンプレート・ファイルと一緒に、
古いレポートで使用されていました。

旧カスタムレポート・メニュー

より最新のレポートに置き換えられたレポートについては、 非推奨レポート を参照してください。

PDFファイルやExcelファイルの作成:

1: すべてのPDFレポートと事前に定義されたExcelエクスポートは、左側メニューの
“レポートとエクスポート (Reports and Exports)"モジュールでご覧いただけます:
レポートとエクスポート・モジュール

2: CRL + Eを使用してExcelファイルを生成、またはリストが選択されている場合、モジュール内の右クリックメニューから “Excelにエクスポート (Export to Excel)”を選択します:
CRL+Eを使用したExcelファイルの生成

3:dRofus WEB のレポートとエクスポートオプションを使用します:

dRofus webを使用したエクスポート・レポートとエクスポート

4: ほとんどのレポートは、関連するモジュールで、直接利用することができます。例えば、
部屋の部屋データ PDF レポートは、リボンメニューのインポート/エクスポートの部屋のモジュールで、
見つけることができます。 リボンモジュール内のPDFレポートオプションを選択してPDFを生成します。モジュールで利用可能です:部屋、部屋のテンプレート、アイテム、システム。

  1. 最新のレポートはdRofus Web から入手可能。

モジュール・レポート内

詳細はこちら:(現在英語のみのサポートです。日本語版は作業中です)

レポートとエクスポート・モジュール

PDFレポートの生成

dRofusのすべてのデータは中央サーバーに保存されます。
PDFレポートを作成し、インターネット経由で送り返すことができます。
できれば、生成されるレポートの数を制限した方が有利です。生成されるレポート、
例えば、プロジェクト内のすべての部屋は、当然ながら、個別の部屋のレポートよりも、はるかに時間がかかります。
レポートをリクエストすると、インターネット・ブラウザが自動的に開き、レポート作成のステータスが表示され、
最後にレポートそのものが、表示されます。時間がかかる場合は、dRofusで作業を続けながらお待ちください。

すべてのPDFレポートを表示するには、
左側のメニューの “レポートとエクスポート (Reports and exports)” から “PDFレポート (PDF reports)” を選択します。
利用可能なすべてのPDFレポートがツリー構造で表示されます。
以下の レポート・フィルタとレポートの設定 では、これらのレポートに使用できるフィルタと、
追加情報の可能性の概要について説明します。レポートの概要では、さまざまなレポートの概要を説明します。
すべてのプロジェクトで、すべてのレポートが利用できるとは限りません。
また、新しいレポートやフィルタも継続的に開発されています。

Excelレポート (エクスポート)生成

あらかじめ定義された2種類のExcelエクスポートがあります - 組み込みのものと、プロジェクトごとに作成されたものです。
組み込みのExcelエクスポートの選択肢は、
PDFレポート生成で利用できるものと似ており、あらかじめ定義されたフィルタとレポートで使用できる列があります。

プロジェクトごとの Excel レポートでは、dRofus 管理者は、
Excel テンプレート (例えば、定義済みのピボットテーブルやマクロを含む) を使用し、
dRofus から抽出するフィールドの設定と共にアップロードすることができます。
これにより、必要な関連フィールドにアクセスできるプロジェクト内のユーザーは、
組み込みレポートと同じように使用できるようになります。

さらに、適切なアクセス権 (例:部屋のフィールドに対する部屋のアクセス権) を持つユーザーであれば誰でも、
ローカルにあるExcelテンプレートと組み合わせて、カスタマイズしたExcelエクスポートを作成することができます。
これは "Excel Projects Exports (Excelプロジェクトのエクスポート)"のトップレベルページから利用できます。
(ウィンドウの右下に "Create Excel export (Excel エクスポートの作成)" というボタンがあり、これを利用してください)。

また、右クリックして "Export to Excel (Excelへのエクスポート)"を選択すれば、どのモジュールのどのリストパネルからでも、
Excelレポート/エクスポートを生成することができます。
この選択では、あらかじめ定義されたテンプレートなしで、Excelが生成されます。


JavaScript errors detected

Please note, these errors can depend on your browser setup.

If this problem persists, please contact our support.